齊藤 浩一さん学生インタビュー

〜東大2年生が上場コンサルティングファームでの挑戦を語る〜
齊藤 浩一さん(仮名)
@上場コンサルティングファーム

コンサル長期インターン体験記

近年、長期インターンシップに参加する学生が増えています。今回は、コンサルティングファームの長期インターンに参加している東京大学2年生の斉藤さんに、その体験についてお話を伺いました。

Q:コンサルティングファームでのインターンに応募された理由を教えてください。

将来はコンサルタントを目指しているので、就職活動に先立ってその業界で実際に経験を積みたいと考えていました。大学の講義やアルバイトだけでは実務を体感することはできません。そこで、長期インターンを活用して、現場での雰囲気を感じ、自分に合っているかを確かめることにしたのです。

Q:現在どのようなお仕事に取り組まれていますか?

主に企業の経営課題の分析やソリューション提案業務に従事しています。プロジェクトチームに入り、クライアント企業の課題解決に向けて、データ収集・分析、議論、プレゼン資料作成などを担当しています。社員の方々と常に密にコミュニケーションを取りながら進めているので、かなり刺激的な毎日です。

Q:インターン生として入社してから得られたことは何でしょう?

コンサルタントの仕事は、常にクライアントの立場に立って考え、最良の解決策を提案しなければならないことがわかりました。教科書の答えはなく、様々な選択肢の中から最適なものを見つける必要があります。そのプロセスが容易ではないことを肌で感じました。また、社員の方々の仕事に対する熱心さや使命感の高さに刺激を受けています。

Q:業務を通して得られたスキル、伸ばしていきたいことは何でしょう?

分析力、課題解決力、プレゼンスキルなど、コンサルタントに求められる力を多く身につけることができました。一方で、さらに磨かなければならないのが「フレキシビリティー」です。状況に合わせてアプローチを変更する柔軟性が重要だと気づきました。今後は常に冷静に立ち回り、的確な判断ができるようにスキルアップしていきたいです。

Q:社員の方々と交流して感じたこと、学んだことは何でしょう?

経験豊富な社員の方々と接する中で、行き当たりばったりではなく、常に「問題の本質は何か?」「どう解決すべきか?」と立ち止まって考えることの大切さを学びました。状況判断も重要で、クライアントとの信頼関係を損なわずに提案していく難しさも感じています。ゴールを見失わずに着実に仕事を進める姿勢は、私の大きな見本になっています。

Q:最後に長期インターンに興味がある読者へメッセージをお願いします。

長期インターンは非常に刺激的です。経験できることも多岐に渡るので、自分を大きく成長させる絶好の機会だと思います。働くプロフェッショナルの生の姿を間近に見て、リアルな仕事を体感できるのは、長期インターンならではです。就職活動を有利に進めるためにも、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。一緒に働く社員の方々も、インターン生を温かく受け入れてくれるので、安心して取り組めると思います。自分の可能性を信じて、ぜひチャレンジしてみてください!

 

関連するインタビュー

  1. 加藤 正隆さん学生インタビュー

  2. 飲食業界の未来を変えるイノベーション!

  3. 宮本 菜帆さん学生インタビュー

  4. 渡邉 美穂さん学生インタビュー